読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土木工事の竣工検査で点数上げたい。簡単にできるたった一つの事。

土木工事や公共工事の竣工検査で点数を上げたい。一つだけ比較的簡単にできることがあります。工事成績評価を上げる方法を紹介します。

道路工事で点数上げたい!ドローンを使って上から写真!

公共工事で「工事成績評定点」を上げたい
普段、道路工事や、河川敷の改修工事など
来年度の受注を増やすために点数を上げたい!


そう思っている方も多いのではないでしょうか?


やっぱり現場を監督する者にとって
その現場の点数評価は自分のためにもなるので
必死に減点されないように努力しますよね


だからといって、品質の良いものを注文したり、
現場の施工をする人員に厳しく指導しても、
いつもの流れでなかなかやってくれなかったりします。


簡単に点数上げるなら

■現場職員の増加

■官公庁提出書類の起源厳守

■工程の見直し(最低2回)

■創意工夫の充実

■イメージアップの充実

■現場事務所のグレードアップおよび整理整頓。

■地元のクレーム対応(けっこう大事)


あたりでしょうか、
特に創意工夫はとにかく件数が大事で
内容は二の次、最低5件以上は必要です。


あと、ひとつだけ迷わずに
やっておいたほうが良いことがあります


それは、工事現場の竣工写真を撮るときに、
ドローンを使って真上上空からの写真も撮ることです。


今では、動画でとって提出することもでき、
さらに工事成績評定点が高くなります


私は土木工事の完成図書には必ず上空からの
完成写真や動画を添付してつけています


あなたも土木工事で点数を上げたいときは
ドローンで上空から分かりやすい写真を撮って、
点数を上げてみてはいかがでしょうか

 

私が使っているドローンはこちらから見れます。

世界シェア7割で品質が良いです。

↓↓↓

公共事業の工事成績評定でいい点数を取る方法

公共事業の点数ってどう評価してるの?
どんなに頑張ってもいつも70点から72点くらい。
たまには80点以上を取りたい。


そう思う方も多いかもしれません。


通常、85点あたりを取れば相当の高得点です。
しかしながら、70点台がほとんどで、
まぁ76点も取ればいいところです。


しかし、昨年度ですが
私は某砂防波堤の築造工事の
役8000万の仕事で82点を取ることができました。


あの時は、工期も伸びてしまったし、
なんでっておもったのですが、
一つ分かったことがあったんです。


それは完成図書の写真撮影。
その時は、ある業者がドローンを売り込むために、
ドローンで写真を撮らせてくれと言ってきたのでした。


しかたなく、試しに上空からの写真をドローンでとり、
それを完成図書に添付して提出したんです。


おまけに動画まで撮影してCD‐Rで送りました。


まぁそれが県の検査監に好評だったのか
役所の担当によくわかるように提出したのが良かったのか、
あのときは良かったです。


20万ちょいかかるけど、
工事台帳で入れ込めばちょろいw
ドローン、結構おススメですよ♪


ドローン買うなら世界シェア7割の
ファントムってやつが良いです。
詳しくはこちらに載ってます

土木工事で評価点上げたい。ドローンが便利

1級施工管理技士の現場監督ならだれでも、
工事の点数で80点以上取りたいと思うのは
頑張ってる現場監督の永遠のテーマです。


しかしながら、どんなにガンバって
工期内に終わらせても70点そこそこだったりします。


簡単に点数上げるなら

■現場職員の増加

■官公庁提出書類の起源厳守

■工程の見直し(最低2回)

■創意工夫の充実

■イメージアップの充実

■現場事務所のグレードアップおよび整理整頓。

■地元のクレーム対応(けっこう大事)


あたりでしょうか、
特に創意工夫はとにかく件数が大事で
内容は二の次、最低5件以上は必要です。


それ以外にもドローンを使った現場写真で
上空から分かりやすいように完成図書に張り付けるって、
創意工夫もいいかもしれませんね